包括的脳卒中センターの整備に向けた脳卒中の救急医療に関する研究(J-ASPECT Study: 主任研究者 国立循環器病研究センター脳血管部門長 飯原 弘二)は脳卒中の救急医療の実態を体系的に調査、把握し、今後の地域の特性に応じた包括的脳卒中医療体制つくりをめざしています。
「脳神経血管内治療の可視化に関する研究」参加登録ページはこちら
J-ASPECT study 研究計画書[PDF]
研究許可申請に関する指示・決定通知書(倫理委員会審査結果通知書)[PDF]

今回、脳卒中患者の救急医療体制の現状を把握するために、2011年2月〜5月にかけて、
全国の1380の医療機関に調査を依頼し、回答をいただいた751施設のデータを分析しました


Copyright (C) 2011 J-ASPECT Study All Rights Reserved.